ステッドラーのアバンギャルドライト

ちょっと高価なボールペンを持つと、日常のテンションがちょっと上がる。

先日、ペンを買った。

正確には「買ってもらった」。
誕生日プレゼントというやつだ。

買ってもらったのは、ステッドラーのボールペンだ。
アバンギャルドライトという名の多機能ペンである。

ステッドラーのペンは以前から「狙って」いた。職場の文具好きなK女史から文具の本を見せてもらって、そこでトキメイタ。文具にほとんど興味はなかったが、その本を見て「文具に凝るって何かいいな」と思った。まさにミーハーである。

ステッドラーのマークがかっこいい。ローマ神話の戦いの神「MARS(マルス)」をモチーフにしたもので、その頭から首にかけてがロゴマークになっており、「マルスヘッド」と呼ばれているらしい。

また、デザインがシンプルでいい。何となく、ドイツっぽいな、と思っていたら本当にドイツのメーカーだった。直感が当たったことに運命を感じた。

ある日近所の量販店にある文具屋に行くと、ステッドラーのボールペンが売られていた。それが、アバンギャルドライトだった。

シンプルでかわいいデザイン。実物を見ると更にトキメイタ。だが、いかんせん2,200円(別)と安くはない。いや、文具好きな人にとっては安いのかもしれないが、にわかに好きな私には、いつ失くすかもしれないボールペンに2,200円はちょっとお高い。

でも、かわいい。おシャレだ。一目で普通のボールペンではないとわかる。やっぱり欲しい……でもちょっと高い……。アバンギャルドライトを目の前に、うんうんと唸りながら購入するかどうか迷った挙句、やめた。

少し前にMONOのボールペンを買ったばかりだし、高価だといいボールペンを買って失くしてしまった時のショックが大きそうだから。

それからしばらく経って。

誕生日が近づいてきた。40歳を超えると、誕生日なんて別にうれしくもなんともなく、いたって平日と変わらない。誕生日当日など、ツレのM子に「おめでとう」と言われて誕生日と気付いたくらいだ。

「プレゼント何がいい?」

とM子に聞かれたが、それらしいのが何も思い浮かばない。新しいパソコンは欲しいが、誕生日プレゼントとはちょっと趣きが違うし、何より貰うには高価すぎる。洋服でいいかな、と決めかけた時に、ふとマルスヘッドが思い浮かんだ。

「ボールペンがいい!」

自分で買うには高い買い物な気がするが、プレゼントされるなら欲しい。それに、高価な贈り物ならば意識して大事に使うはず。

ツレには「ボールペン?変なの」と言われた。
別に変ではないだろ、オシャレだろ、オトナだろ。

いざ文具店に買いに行くとアバンギャルドライトはカラーバリエーションが豊富なので、どれにしようか迷う。

ステッドラーのアバンギャルドライト(グリーンティ)

青は如何にもステッドラーっぽくていい。緑と黒は好きな色だ。でも、黒のボールペンはそこらへんにあるな。で、結局は緑(グリーンティ)を選んだ。

さて、念願のステッドラーのボールペンを手に入れた訳である。2,200円もするボールペンである。コンビニで売っているボールペンの10倍、20倍はする品である。

ウキウキしながら箱から開けて、ペンを取り出す。

あれ? 思ったより軽いし、小さい。女性用?と思うくらいにかわいらしい。いわゆる3色ボールペンなのだが、この大きさに本当に3色入っているの?と疑わしいくらに小さい。

いざ使ってみると、3色の使い分け方が独特で面白い。

普通の多機能ペンは色ごとにノックが付いていて、使いたい色のノックを押すとその色が出るものだが、このペンにはノックが一つしかない。または先日買ったMONOの多機能ペンのように本体をツイストさせて色を切り替えるものもあるが、このペンはそんなことできそうにない。

Blackの印字を上に向けてノックを押すと、黒のボールペンになる

このペンの機能切替方法は、本体にBlack、0.5mm、●が印字されていて、使いたい機能の面を上にしてノックを押すことでその機能が使えるというものだった。Blackなら黒ボールペン、0.5mmならシャープペンシル、●なら赤ボールペン、といった具合である。馴れるまでに少し時間がかかったが、慣れると使うのが楽しくなった。

材質はアルミ製。後から調べてわかったが、ステッドラーはドイツのメーカーだけあって環境保全への配慮をしている会社らしい。プラスチック製じゃないのは、今の時代にも合っている。

「アバンギャルド」は「前衛」という意味。
このペンを使いだしてから、仕事に対してちょっと積極的になれた気がする。