フロントページ

 

自然にきる、自然にきる。

 

私が住む茨城県には、大きな海と湖があって、きれいな川が流れていて、
山は小さな山ばかりだけれど、美しい双耳峰の筑波があって、
八溝や奥久慈の山々にはうっとりするくらいの自然の風景が広がっていて。

関東平野の真っ只中にあるから、米や野菜を作るのにも適していて、
平地に広がる田畑の風景には心奪われることがあって。

「大自然」はないけれど、
茨城県には心を豊かにしてくれる「ちょっとした自然」がたくさんある。

その「ちょっとした自然」の中で、私は私らしく、自然のままに暮らしている。
当サイトでは、その暮らしぶりをみなさまに「ちょっとだけ」お伝えしています。

新着記事

七ツ洞公園を散歩
バラを見ようと、七ツ洞公園に2週続けて行ってみたが…(2022/5/8&5/15)
新緑の土岳
新緑萌ゆる土岳にて(登山日:2022/5/5)
野良本 Vol.33 目の見えない白鳥さんとアートを見にいく/川内有緒
「多様性」が叫ばれる今、読むべき本
コシアブラとハイキング
御前山でコシアブラを採り、ぷちハイキングも楽しむ(2022/4/16)
満開の桜といわき回廊美術館
「空をゆく巨人」の舞台を歩く~愛情の橋が怖すぎる件~(2022/4/10)
城里町の高萩さん Vol.23 2022年 春の焚火
城里町の高萩さんと焚火をしてきた(2022/4/2)

 

ヒト~ちょっと自然な人々~ 連載・城里町の高萩さん

城里町の高萩さん Vol.18 地球一個分の生活。

城里町の高萩さん Vol.23 2022年 春の焚火
城里町の高萩さんと焚火をしてきた(2022/4/2)
城里町の高萩さん Vol.22-2(野良本 Vol.32)高萩さんのナリワイ -ナリワイをつくる 人生を盗まれない働き方-
城里町の高萩さんおすすめの一冊「ナリワイをつくる 人生を盗まれない働き方/伊藤洋志」
城里町の高萩さん Vol.22 ある日、やさいの駅にて
野菜の無人販売所をにぎやかに(取材日:2022/1/29)

 

and more…

ヒト ~ちょっと自然な人々・インタビュー~

「移住の旅の終着点は、故郷だった」城里町で自然農を営む根本樹弥さんロング・インタビュー

【第10話】移住の旅の終着点は、故郷だった
全国各地を旅するように移り住んできた根本樹弥さんが、 自然農をやる場所を求めて辿り着いたのは、故郷の城里町だった。
【第9話】野菜だけではなく、人も育てる農園
農業の魅力を、そしてその価値と責任を人々に伝えていくことが、先生にとっての「農業」であった
【第8話】カトレア農家の1日
切って、水をかけて、植え替える。 終わりなき作業の先に、カトレア農家が目指すもの

 

and more…

 

モノ ~ちょっと自然なモノ~

茨城県三大銘茶の一つ、城里町の古内茶と古内茶庭先カフェについて

お気に入りのMONO
MONOグラフマルチを買う。
ブロッサムのブックカバー(文庫)のふかふかの秘密
羊革で作ったブロッサムのブックカバーの触り心地がとてつもなく良い。
ワークマンの靴下(ショート丈)
靴下までワークマン化してきた

 

and more…

 

コト ~ちょっと自然なイベントやアクティビティ~

竜神大吊橋に行ってきた。

七ツ洞公園を散歩
バラを見ようと、七ツ洞公園に2週続けて行ってみたが…(2022/5/8&5/15)
新緑の土岳
新緑萌ゆる土岳にて(登山日:2022/5/5)
コシアブラとハイキング
御前山でコシアブラを採り、ぷちハイキングも楽しむ(2022/4/16)

 

and more…

 

本 ~野良本 農・食・自然を題材にした本たち~

「菌の声を聴け」

野良本 Vol.33 目の見えない白鳥さんとアートを見にいく/川内有緒
「多様性」が叫ばれる今、読むべき本
城里町の高萩さん Vol.22-2(野良本 Vol.32)高萩さんのナリワイ -ナリワイをつくる 人生を盗まれない働き方-
城里町の高萩さんおすすめの一冊「ナリワイをつくる 人生を盗まれない働き方/伊藤洋志」
野良本 Vol.31 阿房列車シリーズ /  内田百閒
父と百閒

 

and more…

 

非農家出身者のネットワーク「いばらき新規就農者ネットワーク」

茨城県内の非農家出身の農家が集まって結成された 農業者グループ「いばらき新規就農者ネットワーク」

 

シェアする
らくご舎をフォローする
スポンサーリンク
ちょっと自然な生活in茨城