フロントページ

 

自然にきる、自然にきる。

 

私が住む茨城県には、大きな海と湖があって、きれいな川が流れていて、
山は小さな山ばかりだけれど、美しい双耳峰の筑波があって、
八溝や奥久慈の山々にはうっとりするくらいの自然の風景が広がっていて。

関東平野の真っ只中にあるから、米や野菜を作るのにも適していて、
平地に広がる田畑の風景には心奪われることがあって。

「大自然」はないけれど、
茨城県には心を豊かにしてくれる「ちょっとした自然」がたくさんある。

その「ちょっとした自然」の中で、私は私らしく、自然のままに暮らしている。
当サイトでは、その暮らしぶりをみなさまに「ちょっとだけ」お伝えしています。

新着記事

城里町の高萩さん Vol.21
カメラと里芋と夜の畑(取材日:2021/12/4)
茨城県日立市・竪破山にて
日立市の竪破山に登る(登山日:2021/11/28)
りんごとかかし
茨城県の秋は、県北に限る(大子のりんご狩りと里見のかかし祭りに行ってきた・取材日:2021/11/14)
ふるうち秋のふれあい祭りに行ってきた@城里町・DOOKIE&FRUTAS
古内茶が生まれた里・古内地区でささやかなお祭りが開催されるというので。 (陶芸作家で雑貨屋の岩野さん、かくかたりき)開催日:2021/10/31
無邪気な一票
三代目むじゃき@小美玉の台湾まぜそばを食べながら、選挙について思う。
野良本 Vol.28 菌の声を聴け / 渡邉格・麻里子
「菌の声を聴け(ミシマ社)」を買い、読む

 

ヒト ~ちょっと自然な人々~

「移住の旅の終着点は、故郷だった」城里町で自然農を営む根本樹弥さんロング・インタビュー

城里町の高萩さん Vol.21
カメラと里芋と夜の畑(取材日:2021/12/4)
城里町の高萩さん Vol.20 野菜の駅プロジェクト ~ ローカルへ、還ろう。究極の地産地消 ~
有機野菜の無人販売所「野菜の駅」が2021年8月31日城里町にオープン。城里町の高萩さんにその裏側を聞いてきた(取材日:2021/9/19)
城里町の高萩さん Vol.19 農業「体感」
農業を、自然を、体いっぱいに感じた2021年の夏の日(2021/7/25)

……and more

 

モノ ~ちょっと自然なモノ~

城里町にオープンした雑貨と作家のお店「DOOKIE&FRUTAS」

ブロッサムのブックカバー(文庫)のふかふかの秘密
羊革で作ったブロッサムのブックカバーの触り心地がとてつもなく良い。
ワークマンの靴下(ショート丈)
靴下までワークマン化してきた
【メロン】方波見農園のメロン 2021【茨城・鉾田】
今年も鉾田市・方波見農園でメロンを買う(2021/6/13)

……and more

 

コト ~ちょっと自然なイベントやアクティビティ~

大子を歩く~水郡線を一区間(袋田~常陸大子)散歩~【水郡線駅舎アートコンペティション】
駅舎アートコンペを見物がてら、大子の道と街を歩いてきた(2021/8/22)

茨城県日立市・竪破山にて
日立市の竪破山に登る(登山日:2021/11/28)
りんごとかかし
茨城県の秋は、県北に限る(大子のりんご狩りと里見のかかし祭りに行ってきた・取材日:2021/11/14)
ふるうち秋のふれあい祭りに行ってきた@城里町・DOOKIE&FRUTAS
古内茶が生まれた里・古内地区でささやかなお祭りが開催されるというので。 (陶芸作家で雑貨屋の岩野さん、かくかたりき)開催日:2021/10/31

……and more

 

本 ~野良本 農・食・自然を題材にした本たち~

野良本 Vol.24 いま、地方で生きるということ / 西村佳哲(ミシマ社)
地方で豊かな暮らしを実現するには? 体現者たちのはなしを読む

野良本 Vol.28 菌の声を聴け / 渡邉格・麻里子
「菌の声を聴け(ミシマ社)」を買い、読む
野良本 Vol.27 リストランテ・パラディーゾ / オノ・ナツメ
オシャレなリストランテ漫画
野良本 Vol.26 木精 或る青年期と追想の物語 / 北 杜夫
憧れの作家の足跡を追いながら、過去の恋に想いを馳せる、旅と恋のおはなし…とちょっと旅先のごはんのおはなしも

……and more

 

非農家出身者のネットワーク「いばらき新規就農者ネットワーク」

茨城県内の非農家出身の農家が集まって結成された 農業者グループ「いばらき新規就農者ネットワーク」

 

シェアする
らくご舎をフォローする
スポンサーリンク
ちょっと自然な生活in茨城