フロントページ

 

自然ときる、自然にきる。

 

私が住む茨城県には、大きな海と湖があって、きれいな川が流れていて、山は小さな山ばかりだけれど、美しい双耳峰の筑波があって、八溝や奥久慈の山々にはうっとりするくらいの自然の風景が広がっていて。

関東平野の真っ只中にあるから、米や野菜を作るのにも適していて、平地に広がる田畑の風景には心奪われることがあって。

「大自然」はないけれど、茨城県には心を豊かにしてくれる「ちょっとした自然」がたくさんある。

その「ちょっとした自然」の中で、私は私らしく、自然のままに暮らしている。
当サイトでは、その暮らしぶりをみなさまに「ちょっとだけ」お伝えしています。

新着記事

野良本 Vol.41  あなたのルーツを教えて下さい / 安田菜津紀
日本は本当に「良い国」なのだろうか
初雪が降った次の日に、御嶽山と雨引山をミニハイク
ファミリー・ハイキングにぴったりのコース(2024/1/14)
正月に、那須 
一石二麺三ジブリ…正月の那須に行くと、ちょっといいことがあるかも(2024/1/2)
百里基地から筑波山を眺める ~百里基地航空祭2023~
百里基地航空祭に行ってきた(2023/12/17)
かわちイルミネーション2023@茨城県稲敷郡河内町
「かわち水と緑のふれあい公園」が50万球のLEDのひかりに包まれる
第7回 古内茶 庭先カフェ
お茶農家の庭先から、城里の秋を眺め寛ぐ(2023/11/19)

 

ヒト ~連載・城里町の高萩さん~

茨城県東茨城郡城里町で有機農業を営む高萩和彦さんを取材して書いた記事です。
高萩さんは農家をしながら、地域の活動(古内茶庭先カフェなどのイベント企画運営など)や新規就農者の講師もこなすワンダフル・ファーマーなんです。

城里町の高萩さん Vol.25 サステイナブル

城里町の高萩さん Vol.29 栗拾い
城里町で”栗の王様”利平栗を拾う(取材日 2023/10/07)
城里町の高萩さん Vol.28 唐箕で大豆の選別をする/援農とローカル・ファーマー
自分が食べたい野菜を作って、身近な人に食べてもらう(取材日 2023/07/09)
第6回 古内茶庭先カフェ~雨の庭先カフェ~
茶の里に雨が降り注ぐ中、お茶農家の庭先で(2023/6/11)
城里町の高萩さん Vol.27 変化
縁と援と円(2023/3/1)
第5回 古内茶 庭先カフェ with 古民家の陶器市@城里町
晩秋の茶の里で、食と芸術と散歩を楽しむ(2022/11/27)

 

and more…

 

ヒト ~連載・行方市の塩田さん~

茨城県行方市で小松菜とモロヘイヤを栽培する有機農家の塩田善一さん。
野球、プロレス、ラジオ、お笑いが好きなクリエイティブ農家です。
自主制作でインターネットラジオ番組も制作中。

茨城県行方市で小松菜とモロヘイヤを栽培する有機農家の塩田善一さん。

行方市の塩田さん Vol.4 泣きっ面に蜂
夏の有機農家の草取りは、蜂との戦いでもある(2023/8/19)
行方市の塩田さん Vol.3 有機農家の夏と草
有機農家の夏は、草取りに追われる運命にあるのか(2022/8/17)
行方市の塩田さん Vol.2 セイタカアワダチソウを、手で抜く
セイタカアワダチソウに丸腰で挑んだ結果……三角ホーが欲しくなった。(2021/8/12)

 

 

and more…

 

ヒト  ~インタビュー~

茨城県の自然の中で仕事する人々を紹介しています(主に農家)。

【第10話】移住の旅の終着点は、故郷だった
全国各地を旅するように移り住んできた根本樹弥さんが、 自然農をやる場所を求めて辿り着いたのは、故郷の城里町だった。
【自然農】高萩さんと草っぽ農園の圃場見学に行く&片野一郎さんインタビュー【水戸】
草っぽ農園の草っぽ寺子屋・圃場見学に行ってきた!(取材日:2020/8/11)
行方市の塩田さん Vol.1 ラジオについて語る
葉物農家が聞くラジオ(取材日 2020/8/1)
【第9話】野菜だけではなく、人も育てる農園
農業の魅力を、そしてその価値と責任を人々に伝えていくことが、先生にとっての「農業」であった
【第8話】カトレア農家の1日
切って、水をかけて、植え替える。 終わりなき作業の先に、カトレア農家が目指すもの

 

and more…

 

モノ  ~ちょっと自然なモノ~

らくご舎の中の人が、日常で使っているモノ、お気に入りのモノ、オシのモノを紹介しています。

茨城県三大銘茶の一つ、城里町の古内茶と古内茶庭先カフェについて

ステッドラーのアバンギャルドライト
ちょっと高価なボールペンを持つと、日常のテンションがちょっと上がる。
お気に入りのMONO
MONOグラフマルチを買う。
ブロッサムのブックカバー(文庫)のふかふかの秘密
羊革で作ったブロッサムのブックカバーの触り心地がとてつもなく良い。
ワークマンの靴下(ショート丈)
靴下までワークマン化してきた
【メロン】方波見農園のメロン 2021【茨城・鉾田】
今年も鉾田市・方波見農園でメロンを買う(2021/6/13)

 

and more…

 

コト  ~ちょっと自然な茨城の日常~

海、山、湖、川……茨城県は自然の魅力いっぱい。茨城県での「ちょっと自然な生活」を綴っています。

第7回 古内茶庭先カフェ

初雪が降った次の日に、御嶽山と雨引山をミニハイク
ファミリー・ハイキングにぴったりのコース(2024/1/14)
正月に、那須 
一石二麺三ジブリ…正月の那須に行くと、ちょっといいことがあるかも(2024/1/2)
百里基地から筑波山を眺める ~百里基地航空祭2023~
百里基地航空祭に行ってきた(2023/12/17)
かわちイルミネーション2023@茨城県稲敷郡河内町
「かわち水と緑のふれあい公園」が50万球のLEDのひかりに包まれる
第7回 古内茶 庭先カフェ
お茶農家の庭先から、城里の秋を眺め寛ぐ(2023/11/19)

 

and more…

 

本 ~野良本 らくご舎の読書日記~

らくご舎おすすめの本たちです。小説・随筆・ノンフィクション・漫画・リトルブックとジャンルは様々。

野良本 Vol.41  あなたのルーツを教えて下さい / 安田菜津紀
日本は本当に「良い国」なのだろうか
野良本Vol.40 パリでメシを食う。 / 川内有緒
パリで生きる日本人の話
野良本Vol.39 地球のなおし方 限界を超えた環境を危機から引き戻す知恵
地球について、考える時間を、行動する時間を、もっと。
野良本Vol.38 どこかでだれかも食べている / オノ・ナツメ
「食べる」がテーマの心温まるショート・ショート集
野良本 Vol.37 ファーマーズハイ! 徒話を育てる農業家 / そがしんいち
農作業をしていて「ハイ(灰)」になる瞬間を書き連ねた、笑える農業エッセイ!

 

and more…

 

リンク集

非農家出身者のネットワーク「いばらき新規就農者ネットワーク」

古内地区地域協議会(X 旧Twitter)

シェアする
らくご舎をフォローする
スポンサーリンク
ちょっと自然な生活in茨城