【笠間】「有機農家が作ったオーガニックの店」に行ってきた!【直売所】

スポンサーリンク

芸術の町「笠間」のまちの駅内にオーガニック・自然食品専門店がオープン!

 

新規就農した有機農家のために。地域の消費者のために。

「笠間焼」で有名な茨城県笠間市に、オーガニックの農産物や自然食品を専門に取り扱うお店が2019年12月にオープンしました。
お店の名前は「有機農家が作ったオーガニックの店」。
その名の通り、有機農家が作った野菜や米、果物、鶏卵を取りそろえるほか、パンや味噌、ジャムやお菓子などといった加工品も扱っています。

この「有機農家が作ったオーガニックの店」を経営・運営するのが、当ブログでもご紹介させていただいたNPO法人「あしたを拓く有機農業塾」です。

代表の涌井義郎先生がインタビュー時にお話しされていた構想が、早くも実現したことになります。

「有機農家が作ったオーガニックの店」のコンセプト
・新規就農の有機農業者の販売先の確保と、地域の有機野菜販売所としての拠点
就農したばかりの有機農業者が苦労するのは、生産物を販売する場所。
このお店がその場となると共に、地元の人々が気軽に有機野菜を購入できる場となること。
消費者にとっては、有機野菜に触れる良い機会になり、理解を深める機会にもなります。
また、「専門店」であるため、お客さんがここに来れば安心な食材が手に入る、と迷いを生じさせないのも目的のひとつ。

お店に農産物を納めているのは地元茨城県の農家がメインですが、県外の農家の名前もちらほらとあり、県内外で生産する旬な野菜を購入できるのがうれしいところ。


本日は愛媛県の無農薬伊予柑と蜜柑がレジの傍で売られていて、試食もできました。
蜜柑や伊予柑のような作物は、農薬必須と思っていましたが、無農薬でも栽培できるなんて!
お味の方もとってもGOODで、伊予柑を購入させていただきました。

店内に並ぶ野菜の傍らには、生産者名が記載されたポップが提示されており、その中にはよく知った名前も……。

当ブログで度々登場している城里町の高萩さん
私が訪れた日には、紅しぐれ大根が置かれていました。

水戸市で自然栽培をしている「草っぽ農園」さん。
夫婦で農家をしながら、ヨガや農作業体験などのイベントをしたり、自然食品のお店「草っぽ堂」を営んでいたり、と単なる「農家」の枠に収まらないご活躍をされています。
(切干大根を買わせていただきました)

そして、もちろん「あした有機農園」の野菜や加工品も。

涌井先生は、こちらのお店で月に一度ミニ講座を開いてもいます。お題は、栽培のこと、オーガニック食品のこと、環境に優しい暮らし方、食べもの・健康のこと、地域と地球の環境問題……などなど。
オーガニックな暮らしに興味のある方は、ぜひぜひ(お申込みは店員さんまで)。

ちなみに、「有機農家が作ったオーガニックの店」に置かれている加工品は、すべて無添加で国産原料のもの。農産物や加工品は地方発送することもできるほか、旬の野菜の詰め合わせセットの宅配も行っています。

生産者の売り先として、消費者の買い先として学び舎として。
このお店が長年営業することは、地域にとって大変意義のあることです。
「食の安心・安全」を求めている方、「おいしい農産物や自然食品」を求めている方、またはそれらに少しでも興味がある方はぜひ一度訪問してみてください。

 

店舗データ

店名:オーガニック・自然食品の専門店 有機農家が作ったオーガニックの店
住所:茨城県笠間市笠間2247-1(まちの宿 笠間宿内)笠間芸術の森公園そば
TEL/FAX ;0296-72-5887
営業時間:10:00~17:00
定休日:月曜日