ワークマンで靴を買う(Wクッション キャンバスシューズとアスレシューズ ハイバウンス)

スポンサーリンク

タウンユースのWクッション キャンバスシューズ
スポーツに使えるアスレシューズ ハイバウンス

靴を探して、ワークマンへ

ここ最近、靴を探してワークマンに頻繁に通っていた。
探していたのは、仕事用=配達で使う靴。
以前に購入したアスレシューズNEOが、壊れてしまったのだ。
(ソールが剥がれそうな状態に)

アスレシューズNEOは安い割に性能がよかった。
滑りにくいし、ソールの厚みとクッション性もよい。
デザインもなかなかよかったので、非常に気に入っていた。

だが、やはり1,500円という値段だけあって、耐久性には少々難があったようだ。
(それとも私の履き方が悪いのか、それとも仕事がハードなのか)

という訳で、ワークマンに赴く。

靴のコーナーに行くと、980円とか1,500円とか、手頃すぎる値段の靴がずらりと並んでいる。
求めていた靴は、安くて機能的な靴。
ここでいう「機能」とは、滑りにくく、動きやすいことである。
そして、デザイン的に私好みであること←これが案外重要。

アスレシューズNEOを再購入してもよかったのだが、同じ靴を買うのも芸がない。
せっかくいろいろ靴があるのだから、違う靴で安くていいものを探すのもまた一興、と思った。

Wクッション キャンバスシューズ

Wクッション キャンバスシューズ

そうして見つけたのが、Wクッション キャンバスシューズ
見た目はまんま、コンバースのオールスター。
しかし、お値段980円とある。

これは、安い。
そして、かわいい。
カラーが3パターンあったのだが、その中のコンビというベージュとグレイの配色が、たまらなくかわいいのだ。

コンバースのオールスターといえば、元はバッシュ(バスケットシューズ)。
バスケットは激しいスポーツであるから、それ専用に作られた靴に似た靴(ややこしい)が、”やわ”な訳がないだろう。

28㎝を試しに履いたところ、履いた感じも悪くない。
これは「買い」だと思い、Wクッション キャンバスシューズ を手にして、レジへと向かった。

さて、問題は仕事(配達)中の履き心地である。

まずは滑らないか……ん?雨の日でもないのにコンクリート上で少し滑ったな?

履き心地はどうか……ん?砂利道を歩くと足裏に石の感触が伝わってきて少し痛いな。

つま先部分のラバーが厚めで、物に当たってもさほど痛くないのはいいのだが。

総括すると、見た目はいいが機能的にはちょっと、といった感じだ。
配達には不向きと判断。
でも、見た目はまんまオールスターだし、タウンユースで使うならコスパ満点である。

>>Wクッション キャンバスシューズをWEBで購入

アスレシューズ ハイバウンス

アスレシューズ ハイバウンス

Wクッション キャンバスシューズ がタウンユースに格下げになったので、またしても靴を探しにワークマンに赴く。

やはりアスレシューズNEOを買うしかないか、という諦めの気持ちもあった。
だが、そこはワークマンである。
安くて機能的で私好みのデザインの靴を見つけることができた。

それは、アスレシューズ ハイバウンス だ。
こちらはBounce TECH(バウンステック)というワークマン独自の高反発ソールがウリのスポーツシューズ。
しかも、靴底には全面ラバーを使用しているから、滑りにくそう。

ジョギングなどのスポーツを想定して作られているようだから、機能的には万全のはず。
だが、色が2色しかなく、黒(真っ黒)と、白(黄色と黒が差し色)だけなのが難点か。

汚れが目立ちにくい黒を選び、28㎝を試し履きする。
私は左足の人指し指が異様に長く、試し履きをする時はいつも左足で試す。
右足は大丈夫でも、左足の人差し指が靴に当たってしまい、履きにくい、という思いを何度もしてきた。
同じサイズでもメーカーによって、靴のモデルによってサイズ感がまるで違う場合があり、その日も違う靴の28㎝をいくつか履いたが、左足の人差し指が当たってしまい、購入を断念したものもあった。

しかし、このアスレシューズ ハイバウンス は違った。
左足の指が当たらず、靴内部にゆとりを感じる。
数歩店内を歩いただけだが、履き心地もいい。
靴底の厚さがWクッション キャンバスシューズ とまるで違う。
値段は1,900円するから、アスレシューズNEOやキャンバスシューズよりも少々値が張るが、それでも一般的に考えたら十分に安い。

色だけが難点であるが、デザインも悪くなく、如何にもトレーニングシューズといった感じが良い。
それでいて、派手すぎないから、私の好みにフィットした。

アスレシューズハイバウンスの靴底。ラバー加工で滑りにくい。

さて、実際の履き心地である。

履き心地は……すこぶるよい。高反発ソールBounce TECHなるものが機能しているのか、ぴょんぴょん跳ねているような感覚である。
靴底の厚さもバッチリで、砂利道を歩いても石の感触は足裏に伝わってこない。

滑りにくさは……2週間ほど履いたが、今のところ滑ったことはない。雨の日もあったが、それでも問題なく履けた。

ただ、足首へのフィット感がいまいちなので、そこは靴紐をぎゅっと結ぶことで調節した。

>>アスレシューズ ハイバウンスをWEBで購入

これは、名靴だ!

またしても、ワークマンで素晴らしい靴を見つけてしまった私は、くっくっくっ(くつ=靴)…とほくそ笑んだ。